JP

AIラボ事業

機器分離技術から派生する応用分析(機種識別、故障予兆解析など)や、得られた家電使用データのマイニング、その他データとの統合解析をも通して更に価値あるデータを創出し、自動制御を含む社会システム最適化を目指すのがインフォメティスAIラボです。

機器分離技術で得たデータは、可視化や直接サービス活用するだけでは内包する価値を十分に発揮できません。インフォメティスの高度なAI、データ分析技術により、データから様々な意味合いを抽出して社会貢献価値、生活利便価値を引き出すことで新たな事業創出を促し、エネルギーITのエコシステム循環にR&Dで貢献します。

この自律エコシステム確立に向けては、パートナー企業様との事業共創の精神を掲げ、共同研究や共同実証、時には委託事業などもお受けしています。

ビッグデータ解析