JP

機器分離技術およびIoTプラットフォームが東京電力エナジーパートナー様の「おうちモニタリングプラン」で採用されました

本日(2019年2月5日)、東京電力エナジーパートナー株式会社様(以下、東電EP様)および弊社が出資する株式会社エナジーゲートウェイ(以下、EG社)より、発表がありましたことをお知らせいたします。東電EP様のスマートホームサービスである「TEPCOスマートプラン」の第4弾としてご提供される「おうちモニタリングプラン」に弊社機器分離技術と電力センサー、EG社の提供するIoTプラットフォームが採用されました。

同プランは、家電の使用状況の表示のみならず、太陽光の発電状況の表示や発電停止が起きた際にサービスご利用者様に通知する機能を提供しています。これにより、比較的長期使用された太陽光発電設備を利用されているサービスご利用者様にとっては、引き続き発電がおこなわれているかどうかを手軽に把握することができます。
また、同プランの持つもう一つの特徴は、住宅会社様からの情報を通知する機能です。こちらは住宅の販売時に「おうちモニタリングプラン」を同時に販売することを想定しており、住宅会社様が発売後もサービスご利用者様へのサービス提供の接点を持ち続けることが可能になります。

今回のサービス提供システム構築にあたり、EG社の提供するIoTプラットフォームを使用することにより、センサーデータの収集から機器分離技術をはじめとするAIによる分析、アプリケーションとのデータの連携に至るまで、一連の機能をワンストップで提供することができ、東電EP様のサービスご導入のスピードアップに貢献いたしました。

詳細につきましては、こちらのプレスリリースをご参照ください。
東京電力エナジーパートナー株式会社 ご自宅の電気の使用状況を見える化!「おうちモニタリングプラン」を提供開始
株式会社エナジーゲートウェイ 東京電力エナジーパートナーの新サービス「おうちモニタリングプラン」に当社のIoTプラットフォームが採用