JP

TECHNOLOGY

インフォメティスの技術
独創的なAI技術と共に、IoTシステム技術全体を網羅

IoTソリューションの価値創造は、デバイス開発からネットワーク、クラウドシステム構築や分析アルゴリズム、アプリ、そしてそのビッグデータ応用まで含めた広いバリューチェーンから成ります。

その中の一部をコンピタンスとする企業は多く存在しますが、一連のバリューチェーン全てにおいて高い技術力を誇る企業は多くありません。

TECHNOLOGY 01

機器分離推定技術

家庭の分電盤の測定データから家中にある「どの機器がいつ、どのくらい使われているか」自動的に分析してデータ化する技術です。ソニー研究所時代にロボット、音声・画像認識の研究開発で培った人工知能・機械学習技術をベースに開発しており、電力使用料を機器単位で見える化することはもちろん、機器の稼働状況から居住者の安否確認ができるなど、電力データの活用の幅を革新的に広げています。

TECHNOLOGY 02

電力IoTビッグデータマイニング技術

電力データから得られる様々な情報を活用するためのビッグデータマイニング技術を開発しています。日本中の家庭から集めた電力ビッグデータをもとに、高度なエネルギーマネジメントに必要な需要予測や気象情報も利用した太陽光発電予測、各家庭の電力利用傾向の抽出や、それに基づく電力利用アドバイスの提供など、様々な電力データマイニング技術の開発を進めています。また、電力データだけでなく、家庭の各種IoTデータと組み合わせにより、電力分野に留まらないサービスへの活用を目指しています。

TECHNOLOGY 03

IoT システム構築技術

機器分離技術を幅広い家庭に提供するために、家庭に設置する電力センサーから、常時稼動するクラウドシステム、スマートフォンで使っていただくアプリケーションまで、一気通貫の IoT システムを構築し、提供する技術を保有しています。特に、クラウドシステムは、電力データや機器分離以外のサービス展開にも対応した、汎用的な IoT システム構築への適用も可能なアーキテクチャを採用しています。