JP

IoTシステム構築技術

インフォメティスの電力センサを始め、家庭内に設置された様々な種類のセンサからのデータをリアルタイムで受信、蓄積、分析、そして提供を行うための堅牢なIoTシステム技術です。

IoTプラットフォームの開発

東京電力パワーグリッド(株)との合弁会社としてエナジーゲートウェイ社を設立。ここでは様々な事業者にサービスを提供するためのIoTプラットフォームである「エナジーゲートウェイプラットフォーム」の開発を行っています。

エナジーゲートウェイブプラットフォームとは

機器分離データを中心としその他様々なデータを家庭ごとに収集/蓄積/分析/提供

エナジーゲートウェイブプラットフォームとはエナジーゲートウェイブプラットフォームとは

このプラットフォームはインフォメティスの電力センサだけではなく、家庭内に設置された様々な種類のセンサからのデータをリアルタイムで受信し、そのデータを必要に応じて適切な加工を行った上で蓄積します。事業者は蓄積したデータをプラットフォーム上で分析したり、API経由で取得することが可能です。

プラットフォームが実現する機能
プラットフォームが実現する機能

IoTプラットフォームの活用

インフォメティスの電力センサを例にすると、各センサが計測する1秒毎の電流波形データを収集し、機器分離という加工を行った上でその結果(各家電の毎秒ごとの消費電力量)を蓄積します。このデータはプラットフォーム上にて他のセンサからのデータと併せて分析することができ、API経由でのデータ取得も可能です。

エナジーゲートウェイプラットフォームはGCP(Google Cloud Platform)を利用し、以下のようなシステム構成を行っています。

システム構成
システム構成システム構成

Google社のイベント「Google Cloud Next Tokyo ’18」にて、インフォメティスの機器分離技術およびエナジーゲートウェイブプラットフォームについて紹介する様子